小学生 身長サプリ

成長期の食生活と栄養バランス、そして栄養を補うサプリメント



>>1980円送料込み 家計にやさしい成長期の子供のためのサプリ。 公式サイトへ

 

成長期の始まりは人それぞれですが、早い子は小学校高学年から育っていきます。

 

ウチの子は全然、大きくならない。
ヨソの子は大きくなって、どんどん追い抜かされていく。

 

好き嫌いが激しいので心配。
将来、大きくなっていくのだろうか(-_-;)

 

せめて、平均身長よりは大きくなって欲しい!

 

特に、男の子をお持ちのお母さんは、クラス参観に行ってもヨソの子と比較してしまうのではないでしょうか。

 

このサイトは、成長期のメカニズム、成長を助ける食事、そして、子供の成長期にあわせたサプリメントを紹介します。

 

成長期は、いつから?

 

男女で成長期の始まりは異なります。
一般には、男子は中学校に入ってから。 女子は小学校高学年から。 
始まると、3〜4年が成長期にあたります。

 

成長期は、骨や関節が大きくなり、体格が大きくなっていきます。
骨端線(こつたんせん)という医学用語がありますが、先端の軟骨の部分が活発に増殖し骨が大きくなっていきます。

 

「体が大きくなる・背が高くなる = 骨が大きくなる」ということです。

骨端線は子供の成長に現れる

 

この骨端線は、成長期が終わると消えます。

 

要するに、この骨端線が活発に増殖する時期に、成長に適した生活環境で、栄養バランスを整える必要があります

 

成長期がすんでも、背が高くなるという人がいますが、それは一般的ではありません。
骨端線が消えると骨の成長が止まりますので、大きくなりません。

 

親が小さいから子供も小さい、、、、、遺伝の影響?

 

親が小さいから子供も小さい、体の大きくない家系だから、、、と言う人がいます。

遺伝の影響


過去のデータによると、遺伝など先天的によるものは25%ぐらいと言われています。

 

それじゃ、なぜ、親に似るのか?ということですが、親と似たような食生活をおくり生活環境の中にいるからと言われています。

 

成長は、遺伝以上に成長ホルモンに大きな影響を受けます。
バランスのとれた食事・適した生活環境は、成長ホルモンの分泌を活発にし成長を促します。

 

子供の成長期は、わずか3〜4年です。
この時期にどのような食生活を送るかということが大切になってきます。

 

成長の三大要素 ─ 睡眠、運動、そして栄養

 

結論からいいますが、適度な運動をして、しっかり栄養をとり、よく寝ることです。

成長ホルモンで大きくなる

 

成長には、成長ホルモンの分泌が欠くことはできません。
脳の下垂体という部分から分泌されますが、たくさん分泌されれば、それだけ成長することになります。

 

成長ホルモンは、睡眠中に分泌されていますので、質のいい睡眠が必要になってきます。

 

「質のいい睡眠とは、どんな睡眠なの?」と思われるでしょうが、

 

「夜更かしをせず早く寝る」 「熟睡をする」 「毎日規則正しい睡眠」
このような睡眠が成長ホルモンをたくさん出すと言われてます。

 

次は、運動についてです。
体を動かすことも、同様に、成長ホルモンの分泌を促進し増やします。

 

運動中の体の動きは、骨端線に刺激を与え増殖を活性化します。
運動によるカロリー消費は、食欲を増大させます。 食事量が増えますので栄養不足になりにくくなります。
運動後の睡眠は、疲労感のため熟睡傾向にありますが、成長ホルモンの分泌が期待できます。

 

このように運動は成長ホルモンの分泌という点から見ると、好循環の連鎖をつくります。

 

成長ホルモンの好循環

 

体を大きくするには骨を成長させる

 

体を大きくするには、骨の成長なくしてありえません。

 

「どうやって骨を成長させるの?」って思われるでしょうが、

 

ひとつ目は、成長ホルモンです。 前述の三大要素で成長ホルモンの分泌が増します。 
ふたつ目が、これから説明する栄養バランスですね。

子どもが大きくなる

 

骨は、おもに、カルシウム、タンパク質、マグネシウム、リンなどから形成されています。
カルシウムを摂ると、骨を強く丈夫にします。 しかし、カルシウムだけでは骨は成長しません。

 

カルシウムを摂取しても骨に届かなければ意味がありませんね。
効率的に吸収するには、ビタミン Dも一緒に摂取したほうがいいと証明されています。
また、カルシウムが骨に届いても、マグネシウムが欠乏するとカルシウムは骨から溶け出すことも証明されています。

 

骨端線の軟骨部で破骨(はこつ)細胞と骨芽(こつが)細胞による新陳代謝がおこなわれ骨へと成長します。
この部分では、タンパク質にカルシウムが付着して大きくなることがわかっています。

 

このようにカルシウムだけ摂取すれば骨は大きくなるというわけでなく、栄養が連鎖的につながって骨を大きくします。

 

食材からすべての栄養をバランスよく摂ることができればいいのですが、すべてを効率よく摂取することはかんたんなことではありません。

サプリメントは食事


サプリメントは、栄養補助食品と呼ばれます。
薬だと思われている方が少なくありませんが、食品扱いなんです。

 

子供の成長期のためのサプリがありますが、サプリを効果的に利用するのも一つの手です。

 

 

骨の発育にはバランスが必要 「ノビルン」は、カルシウムと成長にフォーカス!



>>1980円送料込み 家計にやさしい成長期の子供のためのサプリです。公式サイトへ

 

このサイトでは、子供サプリ 「ノビルン」を紹介するのですが、まず、このサプリは値段がお手頃なんです!

 

子供のサプリって、値段が安くないです。 一ヶ月あたり、10000円近くするものもあります。
ノビルンは、初回1980円(送料込み)、定期コースを選ぶと、次回以降、毎月2980円です。

 

サプリは効果が分かるまで 2〜3ヶ月かかります。 継続しないと目に見える効果はでません。 
家計にやさしいというのは、うれしいですね(*^^*)

 

カルシウムを効果的に吸収するための三つの要素

 

それでは、ノビルンの効用についてになります。

 

カルシウム、マグネシウム、ボーンペップ、この三つの栄養素が骨の成長をサポートします。

 

● カルシウム → 骨を丈夫にします。
● マグネシウム → カルシウムの定着を助けます。
● ボーンペップ → 骨芽細胞を活性化し、カルシウムと一緒に摂取することで骨を成長。 骨密度を上げる。
ボーンペップは、卵の卵黄から発見されたペプチドたんぱく質です。

 

ノビルンの主要三成分は、この三つの栄養素です。
マグネシウムとの配合比は、2:1

ノビルン成分


カルシウムの定着が最適になるバランスです。

 

 

右下のイラストの栄養素が配合され、成長期の子供の体調のバランスを整えます。

 

例えば、ビタミンD は、カルシウムと一緒に摂取すると効率よく吸収します。
アルギニンは、成長ホルモンの分泌を促すアミノ酸ですね。

 

 

ノビルンは、一日 二粒を食べるだけです。
そのまま食べるだけで、牛乳に混ぜたりする必要はありません。

ノビルンタブレット

 

せっかく、購入しても食べてもらえければ意味がありません。
お子様が食べやすいようにラムネ味になっています。

 

医薬品と同等な品質検査をしています。
○ 医薬品基準 GMP認定 国内工場で製造しています。
○ 合成保存料・着色料など不使用
○ 放射性物質・重金属検査などクリアしています。

 

現在、初回購入1980円 送料込みで販売しています。
一袋60粒(一ヶ月分)

 

定価6840円の71% オフです!
お値段が安いうちに、お試しするのもいいアイデアです。

 

>>1980円(送料込み) 71%オフで購入 公式サイトへ